★秋刀魚にはイコサペント酸(EPA)など体に良い油が豊富です。
★イコサペント酸(EPA)などを含むn-3系脂肪酸の1日の目標量は60代男性で2900mgですが、この秋刀魚のお料理で約3000mgを摂ることができます!
この魚の油は心筋梗塞や脳卒中を引き起こす動脈硬化を予防、改善します。

材料(4人分):秋刀魚4尾、小麦粉少々、サラダ油 大さじ1、
A南蛮酢:リンゴ酢大さじ2、醤油大さじ2、出し汁大さじ1、砂糖12g ごま油4g、七味唐辛子少々。玉ねぎ40g、人参20g

★作り方;
@ 秋刀魚は骨を除いて開いた物を使用しても良いし、秋刀魚を4等分の筒切りにしても良い。(筒切りにした場合は頭を取り、中の内臓をきれいに洗い流す)
A @の秋刀魚に小麦粉をつけて、サラダ油を熱したフライパンで両面をこんがりと焼く。
B 玉ねぎは薄くスライスする、にんじんは千切りにする。
C Aの南蛮酢の調味料を合わせBの野菜を入れてAのフライパンの中の焼けた秋刀魚にかける。
DCを器に盛って、野菜をそえる。
※南蛮酢の作りやすい分量:酢100cc、醤油100cc、砂糖40〜50g、ごま油大さじ1杯、七味唐辛子少々。玉ねぎ小1/2個、人参小1/2本。