お疲れ様でした

 リハビリ室の看板娘であった比嘉ひろみさんが、一身上の都合により6月25日をもって退職されました。

● 本人からの感謝の一言
 2 年間本当に有難うございました。
 診療所でのリハビリ助手や地域でのゆいまーる・介護保険認定調査の仕事に携わり、あっという間に過ぎたような・過ぎないような気分です。
 たくさんの方々と出合い皆さんに顔を覚えてもらい、声もかけてもらいました。仕事や活動の中で少しは今帰仁村のことを知り、勉強できたと思います。そして私と関わってくれた方々が、少しでも私から元気をもらえたと思ってもらえると、とても嬉しいです。
 そしていつか皆さまが思って下さる幸せが来るように、がんばります。

●後任者からの一言
 明朗活発でテキパキと仕事をこなすひろみさんを目標に、私も一日も早くより多くの方々に顔を覚えてもらえるように、一生懸命がんばりたいと思います。
 ニューフェイスの玉城ヒフミです。
 見かけたら、「えー、ミンタマーミーチャン」と声をかけて下さいね。

 *いつも明るく元気なひろみさん。
 何事も常に前向きに考え、一生懸命取りくむ姿がとても素敵でした。
 これから先も貴方のパワーがあれば、何処でも貴方らしさを発揮できると信じています。本当にお疲れ様でした。そしていつまでもお元気で…