ただいま旬の食物

 風邪やインフルエンザが流行りだし、体 調を崩しやすい時期ではありますが、その予防のための食材も豊富に出揃いました。
 今月の旬は、パクチョイ山東菜です。

● 白菜の仲間?
 山東菜は白菜の仲間、白菜の結球しない種類の一つです。中国の山東地方から伝わったので、この名前がついています。
 パクチョイは漢字で白菜。日本の白菜は向こうでは大白菜といいます。白菜もパクチョイも山東菜もみんな冬野菜の仲間です。

● 白菜との違いは?
 パクチョイと山東菜が白菜と違うところは、葉っぱの色が濃いところです。これが栄養の違いでもあります。濃い緑色の葉っぱには、風邪予防でおなじみのカロチンがたくさん含まれています。白菜にはそれほど多くありません。その他には、カルシウム・葉酸・ビタミンCなどが含まれます。
 カルシウムは、パクチョイが100g中100J、山東菜が140Jと、牛乳をしのぐ量 が含まれます。

● 中医学では
 パクチョイ・山東菜は、身体を冷やす野菜で胃腸の働きをよくするとあります。
 冬の野菜は身体を温めるといいますが、それは煮て食べる時のこと。葉野菜の多くは血をきれいにしたり・尿の出をよくしたりする働きをもっています。ですから肉を食べるとき等は、必ず葉野菜を食べるようにしたいものです。ただし肉類は控えめに、野菜の三分の一が目安です。
 今月のレシピは、青菜を油揚げや厚揚げ(揚げ豆腐)等とかつおだしであっさりと炊き合わせる、京都ではおなじみの『おばんざい』という家庭料理のひとつと、もう一品は子供達もきっと食べてくれるクリーム煮をご紹介します。

今月のレシピ


★ 菜っ葉とおあげの炊いたん
≪材料≫ 濃くとったかつおだし(2番だしでもOK) 
油揚げ又は揚げ豆腐やがんもどき・青菜・しょうゆ・みりん・あれば柚子=少々 (材料はすべて適当です)
@ 油揚げは、熱湯をかけて油抜きをする。
A 青菜はアクが強いものは、下茹でする。
B かつおだしを煮立てしょうゆ・みりんで、うどんつゆより少し濃い目に味付けする。
C 油揚げを先に入れて煮含め、青菜を加えてさっと煮る。
D 器に盛ってから、柚子の皮のすりおろしを上に散らす。
*あっさりとした味付けなので、少しものたりないかもしれませんが、おひたし感覚で食卓の一品に加えて下さい。

★ パクチョイのクリーム煮
(青菜はなんでもOKです)
≪材料≫ パクチョイ=1株 生椎茸=4枚 
牛乳・ブイヨン=各半カップ
酒・サラダ油・塩・胡椒=各適量
片栗粉=大さじ1/2 ネギ・生姜=各少々
@ パクチョイは5cm長さに切り、生椎茸は薄切りにする。ネギ・生姜は刻む。
A サラダ油でねぎ・生姜を炒め、@を加えて更に炒め、ブイヨンと酒を加えて煮る。塩こしょう・牛乳を加えて煮て、片栗粉でとろみをつける。

★ 栄養ミニ知識
葉酸というビタミンをご存知ですか?
葉酸は、ビタミンB群の仲間で造血に関係していたり、遺伝情報を伝えるDNAを作るときに働きます。でも葉酸単独で働くことはなく他のビタミンと一緒に働きます。今まであまり不足することはないとされてきましたが、タバコを吸う人・ビタミンCを大量 に摂っている人・胃の薬を長期間飲んでいる人・妊婦さんなどは要注意です。不足すると口内炎ができたり、抵抗力が落ちたりします。
レバーやほうれん草、大豆などに多く含まれます。光に弱いので食品の保存に注意!