『生き活き健康通信』2周年を記念して!

 

★ 石川所長からの一言

皆さんからの暖かい声援が大きな活力になり、この『生き活き健康通信』が発刊二周年を迎えることができたことを心から御礼申し上げます。
この二年間健康づくりの一環として、季節の予防・旬の野菜・薬草などを紹介してきました。しかし記事だけでは解りにくいとのご意見もあり、今後は実際に目で見たり作ったりの実習も企画していくつもりです。
一方、昨年の雪印牛乳や最近大騒動の狂牛病・輸入野菜のポストハーベスト農薬・野菜の栄養価の低下等、私たちを取り巻く食品の安全性について危機感を感じておられる方も多いと思います。医食同源の思想の基、生き生きとした生活を送るため旬の野菜や有機野菜作り等の食品についての話題や、健康づくりについての情報発信を今後も続けていきたいと思います。

石川清和


★ 愛読者からの一言

 毎月、私たち診療所利用者を楽しませてくれている「生き活き健康通信」が、はや二周年を迎えるという事で大変うれしく思います。
この通信が刊行されて以来、月初めに診療所に行く事が唯一の楽しみと感じている一人です。毎月号目を通 しているのですが、健康に関しての先生・職員の親切なアドバイスに感謝しております。それにこの新聞を読むと、題名通 り生き生きとしてきて、患者である私もいつの間にか健康を取り戻した様な感じになるところも気にいっています。
 二周年と言わず、十年・二十年と末長くこの通信が読めることを願っています。

立津 伸子