薬草・Herb

花城さん宅のコヘンルーダ




≪コヘンルーダ≫

皆さんコヘンルーダってご存知ですか?
身近な薬草ですが、あまり知られていないような気がします。

この薬草、方言で「イシャナカシグサ」といわれているそうです。おそらく医者泣かせ草という意味でしょう。それほどいろいろな薬効があるようです。

★この薬草の利用法を,花城美代さんに 教えていただきました。

コヘンルーダの茎、葉50gを30度の泡盛1升に漬け込むそうです。
これを飲むのはもちろん、小さなスプレー容器で持ち歩き、皮膚に直接スプレーしたりします。歯痛・熱さまし・しびれ・かゆみ・虫刺され等に良いそうです。但しスプレーして日光に当たると、黒くなるので注意が必要です。

※ある書籍では、あまり飲むのには適さないと記してある。