編集後記
 
 沖縄の桜前線は、本部半島から始まり徐々に南下していきます。
  先日なきじんドットコムのホームページを開いていると、ある旅行社では、「一月に桜がみられる」とのキャッチフレーズで沖縄を紹介しているらしく「桜はもう咲いているんですよね?」と書き込みされていましたが、今年は一月中旬より急に冷え込み雨量 も多いせいか前年に比べると開花も少々遅れているようです。
  桜まつりと言えば八重岳やナングスクのお祭りが盛大ですが、私の好きな『桜のある風景』では何と言っても今帰仁城址の桜が一番です。
  平郎門をくぐると七五三の石段を優しく包みこむ桜並木が、訪れる人々を古き良き時代へといざない実に風情のある空間を演出し、また振り返れば遠くに望む緑豊かな村落と水平線に広がる青い海・青い空、昔を偲ぶ城跡の石垣をバックに、一段と桜の彩 りが映える最高の風景だと感じています。
  その今帰仁城跡が、昨年世界遺産リストに登録されました。 グスクと共に、この『桜のある風景』がいつまでも変わることなく、訪れる人々の心を癒してくれる空間であり続けてほしいと願っています。

池原みのり