おばあちゃんの知恵袋

 風邪やその他の体調不良の時、薬が簡単に手に入らない時代では、色々な食品を利用して治していました。
  薬ではないので効き目は穏やかながら身体に優しいのが嬉しいところです。
  民間療法も現代では医学的に裏付けされているものも多くあります。
  今回はそういった食材を 中心に、いくつか紹介して みたいと思います。

●葛粉(くずこ)
 葛湯は葛という植物の根からとったデンプンの粉で作ります。
  風邪の漢方薬に葛根湯がありますが、この成分その物です。 葛の根には血管を広げ、身体を暖める作用があります。
  したがって初期の風邪症状で首筋や肩がこったような痛みがある時や頭痛・熱に効果 があります。
  葛の根だけでなくデンプンには熱を包み込んで逃がさない性質がありますので、寒い日のおつゆには、里芋などの芋類を入れると身体を暖めるのにとても効果 的です。

●みかんの皮

  今は農薬の心配があるため売っているみかんの皮をそのまま煎じたりするのは怖いのですが、みかんの皮も陳皮という生薬として利用されてきました。
  ヘスペリジン・リモネンなどの成分を含み、咳・健胃などに有効です。
  乾燥させて入浴剤に使用しても良い。

●炒り黒豆

  肝臓や腎臓の機能を高め血行促進に効果あり。
  ビタミンB1は、大豆より多く含まれます。
  咳・喉の痛みにも良く病後の滋養に用います。

●花梨(かりん)

  成分はビタミンC・タンニン・有機酸・サポニンなどで、強壮・咳止めに効果 があると知られています。

●番茶

  緑茶の下級品とされていますが、古い枝葉を焙じた三年番茶といわれるものは抗菌・整腸作用がありカフェインが含まれないので子供にも適し、風邪の引き始めに効果 があります。

●最後に

 その他、ねぎ・しょうが・ごぼう・大根など紹介したい食材はたくさんありますが、今回はあまり使われていないものを中心に書いてみました。
  こういった民間療法は気軽に試せるのが利点ですが、過信しないようにしましょう。高熱やあまりに体力が消耗している時は早い処置が必要です。
  また食事で注意したいのは、食べ過ぎないことです。
  栄養を摂らなければと言って、あれもこれも食べるのは胃腸に負担をかけ、かえって回復を遅らせます。
  消化のよいお粥や卵・野菜などを食べ、たっぷり水分をとってゆっ くり休むのが一番です。
  そして今回ご紹介するおいしい風邪薬も、ぜひ試してみてください。

身近な

●咳の症状に
【みかん生姜湯】
みかん又は陳皮としょうがの薄切りと、水・黒糖を土瓶などに入れて火にかけて、しばらく煎じてから熱いうちに飲む。

●整腸と熱に
【りんご葛湯】
くず粉・大さじ1を水・大さじ2で溶いたものに、おろしりんごを加えて火にかける。中火で手早く混ぜながら煮る。レモン汁としょうが汁を加え、とろりとして透明になったら出来上がり。

●ひき始めに
【ねぎ味噌番茶】
ねぎはよく洗い、白い部分を小口切りにしてお椀に味噌と一緒に入れる。 熱湯で入れた番茶を注ぎ、よく混ぜて飲む。

●喉の症状に
【黒豆あめ】
黒豆のきな粉とはちみつと黒練りごまを同量ずつよく練り混ぜて、1日に何回かなめる。(黒豆のきなこは、炒り黒豆をミキサーにかけ ればできます)