お薬の管理について

 最近・当院でお薬をもらっている方で高齢者の方に、 お薬の飲みすぎやお薬の飲み忘れをされる方がいます。
  特に高齢者の1人暮しや夫婦2人だけの場合は、白内障などの視力障害も加わり、更にこのような事態が起こりやすくなるようです。
  薬の飲みすぎ・のみ忘れは、場合によっては体に大きな負担をかけ生命の危機を引き起こす事もあります。

 患者のご家族の方・あるいは飲んだかしばしば不安になる方は、診療所の職員・もしくは薬局まで申し出てください。
  みなさまが安心してお薬を毎回きちんと飲めるように、自宅で薬箱の設置や内服の指導を親切丁寧に行いますので、ぜひご相談ください。