七・五・三

 11月15日には、七・五・三を祝う習慣があります。
  3歳の男女児・五歳の男児・七歳の女児が、一張羅(晴れ着)を着て神社にお参りに行き、そこで頂いた千歳飴を親類や近所に配り各家庭でお膳を用意して、子供の無事な成長を祈願します。
  七・五・三で祝う理由に、3歳は子供の成長にとって一つのヤマとされ、この年に紐落し・帯結び・帯祝いといった祝いをする習わしがあり、五歳は主に男児の祝いで、袴着祝いと言います。
  7歳は幼児期の終わりで、男女共に極めて重要な年とされてきました。 昔から伝わる祝い行事ですが、いつの時代にも、親が子供の健康を願う気持ちは変わらないですね。


勤労感謝の日

 勤労感謝の日 11月23日は、国民の祝日で日頃働いている者の勤労を尊び、生産を祝い、国民がお互いに感謝し合う日とされています。
  昔はこの日に“新嘗祭”《にいなめさい》といって、天皇が新穀を天神・地神にすすめる感謝の祭りとされ、新しい穀物を食される儀式が行われていました。
  この祝日は、昔から伝わっている収穫感謝の気持ちと風習を生かしながら、その勤労のおかげでたくさんの産物に恵まれた事を祝うものです。