暑い夏熱中症に注意

沖縄では梅雨があけると、太陽がサンサンと照り付ける、本格的な夏が到来します。
この時期、気をつけないといけない怖い病気が熱中症です

熱中症とは?

日射病:炎天下での運動でおこる。 
熱射病:ボイラーなど熱源の近くの作業・運動でおこる。
熱疲労:熱による皮膚の血流増加に伴う、大循環血液量減少による心不全。
熱ケイレン:
運動・作業中の大量発汗による塩分・水分喪失によるケイレン。
これらを総称して、熱中症と呼ぶ。

症状は?
初期には、頭痛・脱力・口喝・めまい・集中力の欠如や悪心嘔吐・腹痛等の消化器症状を訴え、さらに進行すると低血圧で頭がボーッとしたり、皮膚蒼白・発熱などを伴い、重症になると、意識障害・ケイレン・40℃以上の高体温になる。

原因は?
体調不良:二日酔い・風邪・胃腸炎・食欲不振・脱水症時。
環境要因:高温・多湿(ビニールハウス内の作業・炎天下の車内・炎天下での激しい運動)時。
人的要因:水分・電解質の補給を十分行わない時。
などの要因が重なると起こり易い。また小児は、体内の水分量が少ないため、安易に熱中症をおこしやすい。

応急処置の方法
涼しい場所に移し衣服をゆるめ、四肢・頭部等を冷やし、スポーツ飲料を飲ませると良い(脱水時には水を飲むより、スポーツ飲料の方が体に速く吸収されます)。
意識障害やケイレンがあれば、救急車等で早めに医療機関で診てもらう必要があります。

 暑い季節ですが、冷物をガブガブ飲むと胃液が薄められ胃酸の持つ殺菌作用が低下し、胃腸炎をおこしやすくなったり、胃腸の働きが弱められ食欲がなくなります。
夏バテをしないためにも、冷物の摂りすぎには注意し、熱い紫外線にも負けず、元気に今年の夏を乗りきりましょう。